買取はまとめてするのが基本

本や洋服やCDなどを買取してもらうときには、なるべくまとめて買取をしてもらうほうが良いと私は考えています。なぜかというと、まとめて買取をしてもらえば、それだけ買取の査定額にボーナスのつくケースがあるからです。

 

買取店としては、少しでも多く売ってもらったほうが、商品の品揃えが充実しますので、たくさん売って欲しいと考えています。ですから、買取店はそんなたくさん売ってくれる人に対して査定額をボーナスで上乗せすることがあります。

 

同じ物をバラバラと売るよりかは、一気にまとめて売ったほうが査定額が良くなるわけですから、まとめて買取をしてもらったほうがお得です。また、まとめて買取をしてもらったほうが買取の手間を簡略化することができますので、買取の面倒さがなくなります。

 

ですから、たとえば文庫本などはよほど時期によって値動きしない限りは、あえてすぐには売らず、50冊くらいためてからまとめて売ったほうが良いと私は考えています。

 

ですので、漠然といらなくなった都度買取をしてもらうのではなく、ある程度数がまとまってから買取をするべきだと私は思っています。

 

無料出張買取 東京ならここ