眠っていた若いときの思い出。

小学生、中学生の時にカードゲームがすごい流行りました。
特に遊戯王カード、デュエルマスターズカードと言う
今大人でもコレクターが多数居るカードゲームです。
そのカードを掃除をしていたら、久しぶりに出てきて
懐かしいなーと思いながら見ていました。

 

カードゲーム

 

もう18歳を超えていて、大人でも集めてる人居るけど、
自分は友達と対戦したりする為に集めていた為、
対戦相手が居ないので、もう買取してもらおうとカードショップに持って行きました。
遊戯王以外にも、キラキラしてて良くわからないゲームカードも出てきたので
一緒に買い取ってもらいました。枚数がかなり多いので
40分くらい待ちました。査定が完了したので呼ばれ
査定表を見ると驚きの金額26万円との事・・・・。
ゲームセンターにあるサッカーゲームのレアカードが相当高くうれて、
遊戯王の500〜10000円程度のカードが数枚あった為
この額になりました。金欠でご飯代と交通費くらいにはなれば良いなと
思っていた自分は思わず手が震えてしまい、え?26万円ですか?
と聞きそうですね、なかなか古いカードをお持ちですね。

 

と言われて速攻で買取okをしました。
若い頃に遊んでた物は大人になってからすごい価値が上がるんだなと思いました。
ビックリマンチョコに入ってたシールもレアだと80万近くで買取されてるみたいです。